Heiroのシネマ・ミュージックフロンティア

Heiroによる、辺境の映画・音楽を紹介・レビューするブログです。(映画レビューの際はのっけからしこたまネタバレします。映画は★、音楽は☆で評価) ツイッターアカウントはこちら→https://twitter.com/chloe_heiro0226

"ナンシー・ドリューと秘密の階段(Nancy Drew and the Hidden Staircase)"(2019) Review!

ティーンか、ソフィア・リリス中毒患者なら観ましょう。

 

公式トレイラー


www.youtube.com

 

ソフィア・リリスのアイドル映画ですよ! "IT/イット "それ"が見えたら、終わり。"のベヴァリー役で有名ですね。主演したネトフリドラマの"ノット・オーケー"も観てたのに、シーズン1で打ち切りになってしまいました。コノヤロウ。最近ソフィア・リリス成分が不足してたので、ちょうど配信始まってたこの映画に手を出しましたが、思ったよりずっとティーン映画然としてて、少し辛かった……(笑)。

 

 

あらすじ

母親が亡くなって、父親とともにシカゴから田舎のリバーハイツに引っ越してきたナンシー。何も起こらない退屈な日常に飽き飽きしていたが、ある日「自宅に幽霊が出る」と話すおばあさんと知り合う。かくしてナンシーは真相究明に乗り出すことになるが……。

 

スタッフ・キャスト

監督は"ボディヒート"のカット・シア。

主演はリブート版"IT"シリーズのソフィア・リリス。他。

 

 

少女探偵ナンシー・ドリュー関連作品は初めて観ましたが、かなり古いシリーズなんですね。1930年代からあるっぽい。エマ・ロバーツがナンシーを演じている映画もありますね。U-NEXTで独占配信されてるドラマシリーズもあるようですし、中々息の長いコンテンツですね。その2つと今回のナンシーのヴィジュアルを見比べると、ソフィア・リリスだけが異質。と言ってもいつものソフィア・リリスなんですが、他の2つはロングヘアだし、ボーイッシュな感じではないですからね。ナンシー・ドリューが本来どういうキャラクターなのか分かりませんが、多分今回のはちょっと思い切ったキャスティングなんじゃないですかね。ソフィア・リリスのようにボーイッシュな可愛さを持ってる女優はあまり見かけませんし、本作のようなお転婆少女探偵はハマり役だとは思いますが、如何せん対象年齢がHeiroに合ってなくて……。"マッドマックス""マトリックス"ネタが少し出てきますが、本作が対象にしてる子たちにはもしかしたら伝わらないかもね(笑)。"マッドマックス""マトリックス"ってタイトルが似てるので、どっちかがもう一方のパチモンと思う人もいるんだろうか……。劇中かかる音楽がすごく能天気で幼い感じだし、役者陣の演技も分かりやすいです。ミステリーとしても複雑じゃないし、ナンシーはそんなに探偵らしいことしてません(笑)。真犯人は置いといても、まず実行犯として怪しむべき人物が明らかにいるのに、ナンシーは中々気づきません。おい(笑)! 「皆これが見たいんだろ」と言わんばかりにソフィア・リリスのキラキラした顔のアップが頻出するので、アイドル映画として観るのが正しいんでしょう。ミステリーでなく。

 

ナンシーには友だちが2人いますが、ちょっと影が薄いです。最初は敵対していたものの、事件を通して仲良くなるヘレンとの関係性は見所ですが、やはりティーン向けのソフトな描写が気になりますね。思えば、イケてない仲間たちとの絡みはすでに"IT"でもっと濃い形でやってるわけで。まあ"IT"は紛れもない傑作だったんで比較するのは酷なんですが、あれで初めてソフィア・リリスを見て好きになりましたから、アイドル映画としても向こうの勝ちかな(笑)。「泣けますよ〜」って声高に叫んでる感動ものより、感動とは程遠いように見える映画のふとした一瞬にホロリときたりするじゃないですか。単にアイドル映画ど真ん中の作品より、クオリティが高い作品の方が結果としてキャストへの好感度は上がるもの。これまで観た中でアイドル映画として最も突き抜けてんなと思ったのはエマニュエル・ベアール"天使とデート"でしたね(笑)。そりゃエマニュエル・ベアール自体は超可愛かったですが、監督が「萌え〜」と言いながら作ったようなその甘ったるさにはちとついていけなかったです。

 

少女探偵もののアイドル映画と言えば、やはり去年の"エノーラ・ホームズの事件簿"。あれはベストランキングに入れたように、すごく楽しめました。ソフィア・リリスが見たければまず"IT"、少女探偵ものが見たければまず"エノーラ・ホームズの事件簿"を観れば間違いありません。実際にティーンの方が本作を観るのを止めるつもりはありませんよ。ソフィア・リリスが初恋の相手になるかもしれませんからね。でもその前に"マッドマックス""マトリックス"は観ておくんだぞ(笑)!! 上記4本を予習して、それでもソフィア・リリス成分が足りなければ本作を観るのだ。我輩のようにな……。

 

しかし、よく吹き替えを担当してる近藤唯は ベストマッチですね。近いうちにソフィア・リリス主演最新作の"グレーテル&ヘンゼル"も観たいところ。

 

 

★★★★★★  6/10点

Rotten Tomatoes  72%,60%

IMDb  5.8

 あ、"ノット・オーケー"も先に観といて……。