Heiroのシネマ・ミュージックフロンティア

Heiroによる、辺境の映画・音楽を紹介・レビューするブログです。(映画レビューの際はのっけからしこたまネタバレします。映画は★、音楽は☆で評価) ツイッターアカウントはこちら→https://twitter.com/chloe_heiro0226

"ハイ・フォン: ママは元ギャング(Hai Phượng)"(2019)

"スター・ウォーズ"シリーズの過ちがまた1つ掘り返される。

 

公式トレイラー


www.youtube.com

 

ベトナム映画観たことあります? Heiroは多分なかったけど、Netflixにあったんで観てみました。Netflixって他のアジア映画とかも色々拾っててすごいですね。インド映画とかも最近めちゃ多いし。ハリウッドのアクション映画も良いけど、インドネシア映画の"ザ・レイド"みたいにぶっ飛んでる作品もありますから、本作も結構期待してみました。中々面白かったですよ。

 

 

あらすじ

元ギャングのハイ・フォンは女手一つで幼い娘のマイを育てていたが、マイは人身売買組織に誘拐されてしまう。国外に連れ出されると命の保証はない。ハイ・フォンはかつて暮らしていたホーチミンに向かい、組織に戦いを挑む。

 

スタッフ・キャスト

監督はレ・ヴァン・キエ。

ハイ・フォン役は"スター・ウォーズ/最後のジェダイ"のヴェロニカ・ンゴー(ベトナム名ンゴー・タイン・ヴァン)が演じた。他。

 

 

結論から言えば、さすがに"ザ・レイド"は越えられなかったものの、マーシャルアーツアクションが好きならまず観て損はないでしょう。ボビナムというベトナムの総合武術が使われてるようです。"ザ・レイド"のシラットみたいに、各国それぞれに違う格闘技があって良いですな。敵のアジトに入り込んで、ハイ・フォンが相手をノックアウトした後、音を出さないため静かに床に倒すのがプロっぽかった。

ハイ・フォン役のヴェロニカ・ンゴーはかなりアクションできる人ですね! まだ観てないけど"オールド・ガード"にも出てるらしいし。どっかで見た顔だと思ったら、"最後のジェダイ"の序盤で死ぬ、ローズの姉のペイジですよ! "スター・ウォーズ"のシークエルは3部作と言いつつも方向性が前作の逆になるのを繰り返してたんで、ちゃんとバトンリレーしろと思った人も少なくないでしょう(とは言いつつも普通に好き)。しかも、"最後のジェダイ"でのヴェロニカ・ンゴーもそうですが、"フォースの覚醒""ザ・レイド"チームのイコ・ウワイスとヤヤン・ルヒアンも出しておきながら全然マーシャルアーツをさせないのは明らかに失敗。そういや、シークエルだけじゃなく"ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー"でもドニー・イェン出してたのにいつものアクションあんまりさせてなかったな! まああんまり格闘させてもSF感薄れますけどね。

 

演出面では、「衝撃!」みたいなシーンでのスローモーションが少し古いですが、意外にギャグもありました。ギャグなのかそうでないのか判別に困るものが多かったですが(笑)。韓国映画にもそういうユーモアありますが、似たとこがあるんですかね。途中で出てくる看護師のおばさんが良いキャラで、ベトナム語で「助けて」って言ってるのが日本語の「この通り」にしか聞こえなくて超笑いました。その場面にも合ってたし(笑)。ハイ・フォンに味方してくれるルオン刑事も、モノマネタレントのコロッケに激似でしたし。

 

ラスボスが「あんま怒ってないロージー・オドネル」(つまりジーナ・カラーノbyデッドプール)みたいな女キャラなのも良かったですね(笑)。パンチの重さに説得力があるルックスで。最後のハイ・フォンのナイフ戦が本作のベストシーンですね。そして無事マイちゃんを取り戻し、ストップモーションで締め。古い(笑)。ルオン刑事絶対スパイだと思ったのに、普通にただの刑事でした。そういう意味でも、完全に王道でストレートなストーリーでしたが、まあ、たまにはそういうのも良いじゃない。

 

 

★★★★★★☆  6.5/10点

Rotten Tomatoes  95%,84%

IMDb  6.3

日本でリメイクするなら市川実日子主演で良いんじゃないですか。ヴェロニカ・ンゴーに顔似てるし(適当)。