Heiroのシネマ・ミュージックフロンティア

Heiroによる、辺境の映画・音楽を紹介・レビューするブログです。(映画レビューの際はのっけからしこたまネタバレします。映画は★、音楽は☆で評価) ツイッターアカウントはこちら→https://twitter.com/chloe_heiro0226

"レリック -遺物-(Relic)"(2020)

朽ちた記憶も、骨となって残るのだろうか。

 

公式トレイラー


Relic - Official Trailer I HD I IFC Midnight

 

先日"Little Fish"という記憶喪失ラブロマンスを扱いましたが、今回は認知症ホラー。

 

 

あらすじのようなもの

離れて暮らしている母親エドナが行方不明になったとの知らせを受け、その娘ケイと孫娘であるサムはエドナ宅を訪れた。エドナは無事見つかったが、纏う雰囲気は異様なものに変わっていた……。

 

スタッフ・キャスト

監督は、これが長編デビュー作となるナタリー・エリカ・ジェームズ。

ケイ役を演じるのは"メリー・ポピンズ リターンズ"エミリー・モーティマー。サム役には"ネオン・デーモン"ベラ・ヒースコートエドナ役には"キング・オブ・エジプト"のロビン・ネヴィンが配されている。他。

 

 

ナタリー・エリカ・ジェームズは、日系オーストラリア人だそうです。何となく嬉しい。認知症ホラーといえば、"テイキング・オブ・デボラ・ローガン"ってのがありましたね。全然中身憶えていませんが……。老人ホラーってことでいえばM・ナイト・シャマラン"ヴィジット"も。そういえばシャマランの新作"Old"も、タイトルからしてそうですが、老いへの恐怖を描く作品になってそうですよね。

トレイラーの映像からは、湿度が高いというか、ジメジメした印象を受けますね。それこそJホラー的というか。ジャンプスケアに頼らない恐怖演出になってそうで期待大です。老人を怖いものとして描く場合、「汚さ」が強調されることが多い気がします。"ウィッチ"の老いた魔女もそうでしたし。実際、年を取るとどうしても若い頃より身だしなみを整えるのは難しくなるし、認知症になるとなおさらです。

 

もちろん記憶が長続きしない問題も重大です。相手が家族であることすら忘れたり、物を置いた場所を忘れ家族に盗まれたと思い込んでしまったり(物盗られ妄想というやつ)。厄介なのは、発症した本人のそういった行動が周りの支援者を遠ざけてしまう可能性があることですね。しかし、そんな本人こそ、自分は誰で何故ここにいるのかと、実存的不安とも言えるものに常に苛まれているのかもしれません。"アリスのままで"に描かれていたように。5月公開予定の"ファーザー"に恐らく描かれているように。現実世界にも我々の恐怖の対象として実在する病気ですから、架空のモンスターなんかよりもよっぽど怖いテーマです。誰も無関係ではいられないし。

 

トレイラーでは、「Flawlessly blends horror and with the ache of humanity(ホラーと人間性の痛みの完璧な調和)」、「Terrifying...Turns the haunted house story on its head(ぞっとする……幽霊屋敷ものを根底から覆す)」、「Bone-chilling and devastating(骨の髄まで凍り打ちのめされる)」、「A monstrous debut from director Natalie Erika James(ナタリー・エリカ・ジェームズ監督の怪物的デビュー作)」、「Striking, somber, strange(印象的で、陰鬱で、奇怪)」などの賛辞の言葉が並んでいます。やっぱり暗い話なんですね(笑)。タイトルの「Relic」とは慣習、形見、遺品、残骸などを意味する言葉です。元の形は失われても残る物。それがオチに繋がっていくんでしょうかね。観た人の感想を読むと、衝撃のラストに涙した人もチラホラいるようです。ちょっと"ヘレディタリー/継承"を思わせるタイトルでもあるし(ヘレディタリー(Hereditary)は「遺伝性の」の意)。

 

エミリー・モーティマー。こんな可愛らしいアラフィフがいるでしょうか。童顔です。"メリー・ポピンズ リターンズ"では歌声も披露していましたね。日本版ウィキペディアを読むと、「魅力のひとつに声の可愛さがあり」と書かれています。出典がないし英語版ウィキペディアにはそういうことは書かれていないので、編集者のエミリー・モーティマー愛が炸裂したんでしょう(笑)。ほっこり。ベラ・ヒースコートも童顔で、オーストラリアの女優です。童顔の2人が老いの恐怖に立ち向かうというのは、面白いキャスティングですね。

"ヘレディタリー""ロッジ -白い惨劇-"と、近年嫌な話だけど癖になる映画が続いています。これもそうだと良いですね。まずは公開してもらわないと!

 

 

Rotten Tomatoes  92%,49%

IMDb  6.0

親には会えるうちに会っておこう。

 

(6/8追記)

トランスフォーマー配給で8/13からの日本公開決まりました!! 後たった2ヵ月待てば観れる! 去年のベスト2位にした"ナイチンゲール"トランスフォーマー配給でしたからね。超期待しております。

heiro-chloe.hatenablog.com